リンパケアで幸せホルモンセロトニンの分泌を促進させませんか?

皆さんはセロトニンっていう言葉を耳にしたことがありますか?

良く幸せホルモンとも言われます。

セロトニンは、精神の安定や睡眠に深く関わっている神経伝達物質です。セロトニンが不足すると、ネガティブな思考になったり、内臓の働きや代謝が下がったりするため、心身の安定のためには不足しないように分泌させることが重要です。

セロトニンは、腸に約90%、血液中に約5%、脳に約5%あるといわれています。気分の安定や睡眠に影響を与えるのは主に脳に存在するセロトニンで、それ以外の場所に存在するセロトニンと役割が異なります。

呼吸、循環、消化などの自律機能や、歩行、姿勢、眼球運動を司る神経がある脳幹の「縫線核(ほうせんかく)」という部分にセロトニン神経があり、そこから脳の広範囲にセロトニンを放出しています。感情や記憶を司る大脳辺縁系にセロトニンが伝達されると、不安や恐怖感が抑えられ、精神が落ち着いたり、痛みが和らいだりします。

脳からのセロトニンには覚醒作用ネガティブな気分を解消する姿勢が良くなる痛みを和らげる効果があります。

睡眠中はセロトニンの分泌が抑制されますが、朝が近づくにつれて徐々に放出されます。太陽の光が網膜に入ると、セロトニン神経が刺激され、セロトニンの分泌が活性化します。すると、血圧や呼吸、心拍が活動的になるので、目が覚めて意識がはっきりしていきます。太陽の光を浴びるようにしましょう。

セロトニンが分泌されると、朝から気持ちよく過ごすことができますよ。

セロトニンは、体内にアミノ酸の一種であるトリプトファンという栄養素を取り入れることで合成される物質です。

トリプトファンは、和食であれば、豆腐や納豆、味噌、醤油などの大豆製品、洋食であれば、チーズやヨーグルトなどの乳製品に多く含まれています。

特に、バナナにはトリプトファンが多く含まれ、さらにセロトニンを生成するのに必要な炭水化物やビタミンB6もバランスよく含まれています。

ただし、そのほかにもあらゆる食材に含まれており、偏食しなければ摂取できるので、それほど意識をする必要はありません

逆に、普段の食事以外にサプリなどで、トリプトファンを過剰に摂取することによって、発熱や痙攣など副作用が出る可能性があります。

トリプトファンに限らず、必要な栄養素はなるべく食材の中から摂りたいですね。

お肌にソフトにタッチして体中の体液の循環をよくすることでもセロトニンはたくさん分泌されるようになります。

朝、何となくスッキリ起きれない・・・疲れた体を引きずって会社へ向かう…心当たりにの方は1度ご相談ください。

★ お問合せはここをクリック

お問合せいただいた場合、おおむね3時間以内にお返事を差し上げています。マナからの返信が届かない場合、迷惑メールフォルダーへ仕分けされていたり、フィルターにひっかかっている場合がございます。

返信がない場合はお手数ですが、0120-00-5346までご連絡ください。施術・講座中は繋がりにくい場合がございますが、メッセージをお残しください。後ほど折り返させていただきます。