日焼け止めにはSPFとかPA+++の表示があるけど・・・

この時期になるとよく言われることですが、今の時期は一年の中でも紫外線がぐっと強くなり日焼け止めの利用は必須! うっかりしていると頬にシミが……なんてことも・・・

では「 日焼け止めを買おう!」ということで日焼け止めを購入しようと思った時、意外と悩んでしまうのがSPFとPAの数値。自分はどれを選べばいいのか迷うなんて事ありませんか?

SPFは、サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略。SPF は、シミやソバカス・皮膚ガンの原因となる紫外線 B 波( UV-B )をカットする力を示しています

20分程度の間に何も付けていない素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことが出来るかという目安です。つまり SPF 20 の場合、20分×20=400分=6時間40分。6時間40分までは日焼けが抑制されるます。

ではPAの値。

PAは、プロテクション グレイド オブ UV-A (Protection Grade of UV-A)の略。皮膚を黒くするだけでなくシワやたるみの原因となる紫外線 A 波( UV-A )の防止効果を表すもの。強い方から ++++、+++、++、+の4段階に別れています。日常的な買い物程度なら PA++がおススメです。

アンチエイジングに興味のある方なら是非、こちらの値をチェックしてみてください。

その上から UV防止効果のあるファンデーションを使えば更に安心です。ただし汗で崩れてしまった場合は塗り直すかUV効果のあるプレストパウダーなどでテカリを押さえるのがいいです。

では作用が両方強いものを!と思いがちですが、値が高ければ高いほど肌への負担がかかります。屋外にちょっぴりお出かけする時などは SPF 20 でも充分です。

日焼けを気にしすぎて肌への負担を重くしてしまっては本末転倒です。目的に合わせて使い分ける努力が美肌への近道。

本当はこまめな塗り直しがベスト……ですが、最近はメイクの上からシューッと吹き付けるタイプの日焼け止めも多く販売されているので、こちらもオススメです。