花粉症と寒暖差アレルギーとっても似ています

春は三寒四温といいますが・・・

自分はスギやヒノキの花粉症ではないのに、くしゃみや鼻水が・・・もしかして花粉症デビュー?ってお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

花粉症を疑う前に・・・

寒暖差アレルギーって聞いたことはありませんか?

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされています。

多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起こります。

透明な鼻水が出る、鼻づまり、くしゃみ、せきなどが主な症状であり、発熱やかゆみ、目の充血などはありません。

なので、目の痒さがあるかないかで判断するのもいいです。

人によっては頭痛、じんましん、身体がかゆい、食欲不振、疲れやすさ、イライラ、睡眠障害などを引き起こします。

これはまさに、この病気がアレルギーのように、自律神経の乱れを引き起こした結果として現れるものだからです。

ですから、自律神経が乱れやすい状況、たとえば、ストレスが溜まりやすいとか、ストレスを抱え込みがちな性格などといった要因も、寒暖差アレルギーの症状を引き起こしやすくなります。

一般にアレルギーには、たとえば、花粉、食べ物、金属といった、原因となる「アレルゲン」があって発症します。

ところが、寒暖差アレルギーにはアレルゲンはありません

また、風邪のような感染症は、鼻水から始まってのどの痛みや発熱など、免疫による防衛反応が起こりますが、寒暖差アレルギーでは、熱が出ることはまれで、鼻水は水のようにサラサラしているのが特徴です。

つまり、身体が激しい温度差に耐え切れなくなった時に、寒暖差アレルギーは起こります

ここで耐え切れないという場合、およそ7度を超えると起こりやすいといわれる外部の温度差の要因もありますが、一方、仕事で疲れているとか、ストレスが高じているといった、免疫が低下したり、自律神経が乱れているといった、ヒトの側の要因も発症に関連してきます。

男性に比べ筋肉量が少なく体内で熱を作りにくい成人女性の方が罹患率が高いとされています。予防には、服装をこまめに変え寒暖差を穏やかにする、ショウガなど血行をよくする食品を摂る、風呂などに入りリラックスする、といったことが良いとされています。