今井翼さんが再発 メニエール病って

今朝ニュースを見られた方も多いかと思います。

芸能人の今井翼さんが再発されたメニエール病

1度は聞いたことがあるかもしれません。どんな症状?どんなことが原因?めまいといえばメニエール病といわれるほど有名ですが、実際にはそれほど多い病気ではありません。

メニエール病とはどんな病気か・・・めまいといえばメニエール病といわれるほど有名ですが、実際にはそれほど多い病気ではありません。メニエール病は内耳の病気で、繰り返すめまいに難聴や耳鳴りを伴うものです。一般に、片側の内耳の障害ですが、時には両側とも障害されることもあります。

メニエール病の症状の現れ方・・・何の誘引もなく突然、回転性(ぐるぐる回る)めまいが起こり、めまいと同時に、あるいはめまいの少し前から、片耳に耳鳴りや耳の閉塞感、難聴が起こります。

めまいを繰り返す間隔は人によって違い、数日、数週間、数カ月、あるいは1年に1回などさまざまです。激しいめまいは、普通30分くらいから数時間続き、めまいの軽快とともに耳鳴り、耳の閉塞感、難聴は軽くなったり消失したりします。

しかし、めまいを何回も繰り返しているうちに、めまいがおさまっても耳鳴りや難聴は軽快しないようになります。めまいが激しい時は、これらの症状以外にも吐き気、嘔吐、冷や汗、動悸などが起こり、かえってこれらのほうが苦しいこともしばしばです。

メニエール病の原因は何か・・・内耳を満たしている内リンパ液が過剰になると内(ない)リンパ水腫(すいしゅ)になりますが、この状態によってメニエール病が起こると考えられています

この内リンパ水腫がなぜ起こるのかについては不明です。先進国に生活する人に多く、発展途上国の人には少ないことから、自律神経の乱れストレスがこの病気の発症に関係しているといわれています

今日の放送された内容では、この症状を薬でコントロールしていくと言っていました。

マナのリンパケアは、「 リンパ管の中のリンパ液を流す 」施術ではありません。身体中を巡っている体液や組織液、細胞を満たしている液…リンパ間質液と呼んでいます を筋肉を柔らかくすることにより、筋肉がポンプ機能を果たし、リンパ間質液の循環を良くするケアです。

人の手によるケア(マネジメント)と薬でコントロール、どちらを選択しますか?

★ お問い合わせはここをクリックしてください

お問合せをいただいた場合、おおむね3時間以内にお返事を差し上げています。もしマナからの返信がなかった場合には、お手数ですが0120-00-5346までご連絡ください。よろしくお願い致します。

 

日焼け止めにはSPFとかPA+++の表示があるけど・・・

この時期になるとよく言われることですが、今の時期は一年の中でも紫外線がぐっと強くなり日焼け止めの利用は必須! うっかりしていると頬にシミが……なんてことも・・・

では「 日焼け止めを買おう!」ということで日焼け止めを購入しようと思った時、意外と悩んでしまうのがSPFとPAの数値。自分はどれを選べばいいのか迷うなんて事ありませんか?

SPFは、サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略。SPF は、シミやソバカス・皮膚ガンの原因となる紫外線 B 波( UV-B )をカットする力を示しています

20分程度の間に何も付けていない素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことが出来るかという目安です。つまり SPF 20 の場合、20分×20=400分=6時間40分。6時間40分までは日焼けが抑制されるます。

ではPAの値。

PAは、プロテクション グレイド オブ UV-A (Protection Grade of UV-A)の略。皮膚を黒くするだけでなくシワやたるみの原因となる紫外線 A 波( UV-A )の防止効果を表すもの。強い方から ++++、+++、++、+の4段階に別れています。日常的な買い物程度なら PA++がおススメです。

アンチエイジングに興味のある方なら是非、こちらの値をチェックしてみてください。

その上から UV防止効果のあるファンデーションを使えば更に安心です。ただし汗で崩れてしまった場合は塗り直すかUV効果のあるプレストパウダーなどでテカリを押さえるのがいいです。

では作用が両方強いものを!と思いがちですが、値が高ければ高いほど肌への負担がかかります。屋外にちょっぴりお出かけする時などは SPF 20 でも充分です。

日焼けを気にしすぎて肌への負担を重くしてしまっては本末転倒です。目的に合わせて使い分ける努力が美肌への近道。

本当はこまめな塗り直しがベスト……ですが、最近はメイクの上からシューッと吹き付けるタイプの日焼け止めも多く販売されているので、こちらもオススメです。

【よくあるご質問】マナからのメールが届かない!

ホームページから「 お問合せ 」いただいた際に、お問合せの確認メールが自動配信されます。こちらの確認メールは届いていらっしゃいますか?

こちらの確認メールも届かない、マナからの返信も届かないとのお問い合わせをいただくことがございます。

一番多いのは迷惑メール設定です

かつてのガラケーなどでは特に、迷惑メールを防止するため、初期設定でパソコンからのメールをブロックするようになっていることがありました。今でもフリーメールの一部などでは、迷惑メール防止策として、パソコンから発信されたメールをブロックする仕様のものがございます。

お問合せ確認メールは、マナのメールアドレスで発信されますので、docomoなどの携帯メールアドレスと同種類とは判定されず、ブロックされてしまいます。
各スマホのメールアドレス設定で、ドメイン許可をしていただかないと、申し訳ございませんが、マナのメールは受信されません。

迷惑メール設定が原因と思われる場合は、「mana.salon.2014@gmail.com」を受信許可メールとして、ご登録の上、「受信許可メールしたので再送希望」と一言添えてご連絡ください。

ただちに、お問合せの確認メールを再送させていただきます。

メールルアドレスが違っていた場合

2番目に多い事例としまして、お問合せ時に登録いただいたメールアドレスが誤っていた、というものです。@から後ろのドメイン名の間違いでしたら、当サロンにてメールアドレスを修正させてご対応いたします。しかし、アカウント名をお間違いになられると、当サロンでは判別できませんので、ご連絡をいただくまで修正は出来かねます。

お問合せ自体は通っておりますので、マナからのメールが届いていなかったらお手数をおかけしますが、必ずご連絡ください。

《 お電話 》 0120-00-5346

 

 

※ 特にdocomoの場合は、迷惑メールと判定されてしまう事例がとても多いです。メールが届いていないなと思ったら、お気軽にお申し出くださいませ。

美しいお肌を保ちたいなら春こそ紫外線対策を!

これからあちこちで桜の便りも聞かれるようになり、お散歩などにとても気模試のいい季節になりますね。

夏だけの紫外線のみならず春の紫外線に気を付けないといけないことも浸透してきました。

紫外線はその波長の長さによって「A波(UV-A)」「B波(UV-B)」「C波(UV-C)」に分けられます。

紫外線のうち地上に届くのは、「紫外線A波(UVA)」と「紫外線B波(UVB)」という2種類の紫外線です。
では、この2つの紫外線の違いをみていきましょう。

肌を赤くする紫外線B波

長時間の日光浴で肌が真っ赤に焼けたり、水膨れができたり…。このように肌が赤くなる日やけ(サンバーン)の主な原因となるのが紫外線B波(UV-B)です。

UV-Bはエネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすので、皮膚ガンやシミの原因になります。

ただし、波長が短い分、紫外線A波(UVA)に比べるとオゾン層や上空の雲に阻まれ、地上に到達する量は全紫外線量の約10%と少量です。
日常生活の中で、例えば日傘を使うなど、極力直射日光に当たらないように心がけることだけで、ある程度防御することができます。

肌の奥まで届く紫外線A波

一方、紫外線A波(UV-A)は、紫外線B波(UV-B)ほど肌に急激な変化を与えません。

紫外線に当たってすぐに肌が黒くなるというような日やけ(サンタン)は引き起こしにくくなっているので、一見すると紫外線B波(UV-B)よりも肌への影響は少ないように見えますが、近年の研究で、この紫外線A波(UV-A)がシミやしわの発生に大きく関わっていることがわかってきました。

波長が長い紫外線A波(UV-A)は、肌の奥深くまで到達し、じわじわと肌に様々な影響を及ぼします。

例えば、コラーゲンを変性させ、これがしわなどの原因になっていくなど、長い時間をかけ、気付かない間に肌に悪影響を及ぼしていたのです。
しかも紫外線A波(UV-A)は、オゾン層を通り抜けやすく、常時、紫外線B波(UV-B)の20倍以上も地上に降り注いでいます。

雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので、曇りの日も日当たりの良い家の中でも対策が必要です。

UV-Bは7月・8月の真夏に最も多く降り注ぎますが、UV-Aは真夏だけでなく4月・5月の春に非常に高くなり、その量は真夏の紫外線量並ぶほど

春になるとお肌にトラブルが出たり、急激な乾燥や赤みやかゆみが出る人は、実は紫外線によるダメージかもしれません。

暖かい日差しが降り注ぐ春ですが、真夏の照りつけるほどの日差しがないこの時期は、ついつい冬の延長で紫外線ケアを怠りがちです。

しかし、春は急激に紫外線量が増えるため、ちょっとした外出や通勤・通学のわずかな時間であってもお肌は紫外線によるダメージを受けてしまいます。

特に気をつけたいのは、デコルテやうなじ、腕や手の甲など顔以外の部分

薄手の服になることで、首回りや腕など今まで厚手の服やマフラーなどで隠れていた部分が太陽の光にさらされ、気づかないうちに紫外線をたくさん浴びていることに。

気温が暖かくなってきたとはいえ、まだまだ空気中は乾燥し、お肌にとって過酷な環境が続きます。

紫外線からお肌を守り潤いを保持するには、日焼け止めと保湿のWケアで、徹底した「守り」がポイントです。

まずは、紫外線をお肌に浴びないことが重要。
顔はもちろん、肌を露出する部分にはきちんと日焼け止めを塗りましょう。

また、紫外線を浴びたお肌には徹底した保湿を
紫外線を浴びたお肌は非常にデリケートです。

顔と同様に、体にも水分をしっかりと与えてお肌の奥の真皮層まで水分を補い、与えた水分を逃さないようにクリームやオイルなどできちんと蓋をして守ってあげるように心がけましょう.

明日は日焼けに関するお話の続きを。

お楽しみに!

 

 

お身体の不調は自立神経の乱れが原因かも

自律神経は、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。

体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経があります。

最近「 何か最近身体がスッキリしないなぁ 」

そんな経験はありませんか?

 

該当する項目がいくつあるか、数えてみましょう。

  • めまいや耳鳴りのするときが多い。
  •  または立ちくらみをよく起こす。
  • 胸が締め付けられる感じがする。
  • または胸がザワザワする感じが時々ある。
  • 心臓がいきなり早くなったり、脈拍が飛ぶようなことがある。
  • 息苦しくなるときがある。
  • 夏でも手足か冷えるときがある。
  • 胃の調子が悪いときが多い。(お腹がすかない・胸やけなど)
  • よく下痢や便秘をする。または便秘と下痢を繰り返す。
  • 肩こりや腰痛がなかなか治らない。
  • 手足がダルイ時が多い。
  • 顔だけ汗をかく。または手足だけ汗をかく。
  • 朝、起きる時に疲労を感じる。
  • 気候の変化に弱い。
  • やけにまぶしく感じる時がある。
  • 寝ても寝ても寝たりない。
  • 怖い夢をよく見る、または金縛りにあう
  • 風邪でもないのに咳がよく出る。
  • 食べ物を飲み込みつらい時かある、喉に違和感がある。呂律が回らない時がある。

0-1個 自律神経に狂いはなさそうです。

2-3個 自律神経に負担が掛かっているかもしれません。

4-6個 自律神経失調症になりかけているかもしれません。

7個以上 すぐに休養を取り、できるだけ早く専門家に相談しましょう。

 

人間関係、仕事のプレッシャーなどの悩みや不安による精神的なストレス、過労、事故、怪我、さらには音、光、温度なども身体的なストレスとなって自律神経の乱れの主な原因になります。そのストレスが過剰になると、交感神経と副交感神経のバランス、つまり自律神経のバランスが乱れます。

私たちの体は一定の生体リズムに従って働いています。慢性的な寝不足や昼夜逆転、不規則な食生活など不摂生を続けていると、生体リズムが狂って自律神経のバランスを乱す原因になります。

更年期障害では、女性ホルモンの分泌が急激に減ることで自律神経が乱れ、突然のほてりやのぼせ、頭痛、めまいなどさまざまな不調があらわれます。

リンパケアは体中の体液の循環を良くします。また、ケアすることにより交感神経から副交感神経を優位にすることができます。

耳たぶを軽くもって(約5gがいいとされます)後ろに軽く回してみてください。

1日のうちに何回でも気づいた時に耳をくるくるすることをオススメします。

 

 

【 3月 】最新のご予約状況

おかげ様で春のキャンペーンが好評で施術の枠を増やしました。
通常 2回で 16,000円 ( 税別 ) のところを 何と!
2.980円 ( 税込 )
です。
3月
23日(金)  18:30
24日(土)  10:00
25日(日)  18:30
27日(火)  18:30
29日(木)  18:30
31日(土)  14:00
夕方からのお時間を特に増やしました。
お仕事帰りの方も大歓迎です。
あなたのお身体の筋肉を柔らかくして筒にする
事で今あなたが抱えているお身体の不調を取り除くことができます。
一度ご体感ください。

静岡市 伊豆の国市 気持ちのいいマッサージで辛い肩こりと腰痛から解放し人生をHappyに
マナのオーナー伊藤ひろえでした。

 

《 お問い合わせフォームでお申し込みの方へ 》
3時間内にご返信を差し上げています。
マナからのメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダーに振り分けられているか、フィルターにかかっている場合がございます。

その場合ご面倒をおかけしますが、
080-6952-9339までお電話いただけたら嬉しいです。

よろしくお願い致します。

花粉症と寒暖差アレルギーとっても似ています

春は三寒四温といいますが・・・

自分はスギやヒノキの花粉症ではないのに、くしゃみや鼻水が・・・もしかして花粉症デビュー?ってお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

花粉症を疑う前に・・・

寒暖差アレルギーって聞いたことはありませんか?

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされています。

多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起こります。

透明な鼻水が出る、鼻づまり、くしゃみ、せきなどが主な症状であり、発熱やかゆみ、目の充血などはありません。

なので、目の痒さがあるかないかで判断するのもいいです。

人によっては頭痛、じんましん、身体がかゆい、食欲不振、疲れやすさ、イライラ、睡眠障害などを引き起こします。

これはまさに、この病気がアレルギーのように、自律神経の乱れを引き起こした結果として現れるものだからです。

ですから、自律神経が乱れやすい状況、たとえば、ストレスが溜まりやすいとか、ストレスを抱え込みがちな性格などといった要因も、寒暖差アレルギーの症状を引き起こしやすくなります。

一般にアレルギーには、たとえば、花粉、食べ物、金属といった、原因となる「アレルゲン」があって発症します。

ところが、寒暖差アレルギーにはアレルゲンはありません

また、風邪のような感染症は、鼻水から始まってのどの痛みや発熱など、免疫による防衛反応が起こりますが、寒暖差アレルギーでは、熱が出ることはまれで、鼻水は水のようにサラサラしているのが特徴です。

つまり、身体が激しい温度差に耐え切れなくなった時に、寒暖差アレルギーは起こります

ここで耐え切れないという場合、およそ7度を超えると起こりやすいといわれる外部の温度差の要因もありますが、一方、仕事で疲れているとか、ストレスが高じているといった、免疫が低下したり、自律神経が乱れているといった、ヒトの側の要因も発症に関連してきます。

男性に比べ筋肉量が少なく体内で熱を作りにくい成人女性の方が罹患率が高いとされています。予防には、服装をこまめに変え寒暖差を穏やかにする、ショウガなど血行をよくする食品を摂る、風呂などに入りリラックスする、といったことが良いとされています。

あなたのスキンケア、更年期の症状を助長していませんか?

更年期障害は40代後半から気をつけていればいいかなと思っている人が多いのですが、現在ではそうでもないようです。

若い人では20代後半から、そして30代でも多くの女性が更年期障害の症状に悩んでいる女性が増えていると言われています。

女性の体は40年ほどの間、女性ホルモン(エストロゲン)に守られています。エストロゲンは月経を毎月起こし、妊娠・出産に大きな役割を果たすだけでなく、肌の張りやうるおい髪のつややかさを保ち血管を丈夫にして動脈硬化などを予防しています。骨を丈夫にするほか、感情や自律神経の安定、記憶・認知機能の維持との関係も指摘されています。

これらは女性ホルモンの恩恵によるものですが、やがて終わる時が来ます。つまり、卵巣の活動が次第に低下し、ついに女性ホルモンが卵巣から分泌されなくなり、月経が永久に停止します。それが、閉経です。

閉経時期は個人差が大きく、予測ができません。医学的には、月経が1年以上ないと閉経したと見なします。後から振り返ってわかるものなのです。

更年期も閉経を挟んで前後5年と言われています。

エストロゲンは素晴らしいアンチエイジング物質でもあります。更年期になると、エストロゲンが減少していくので小じわやたるみが気になってくるのも自然の流れであります。

皮膚の老化には、紫外線などによる「光老化」もあり、こちらは男女問わず、光老化が7割を占めると言われています。

エストロゲンは、コラーゲンやエラスチンなどの生成や古くなったものの分解を促しています。皮膚の適度な厚みや弾力、潤いなどを維持して若々しい肌を保つ働きをしているのです。

エストロゲンが減少すると、肌の屋台骨がゆるんだり、水分量が減ったりして、しわやたるみの原因となるのです。

年齢を重ねた自然の流れは止めることができません。

私もまさにこの年代なので、お肌の調子は気になります。無意識のうちい「保湿しすぎ」「洗いすぎ」「こすりすぎ」していませんか?

セラミドやスクワラン、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿効果の高い美容成分入りの化粧水や美容液、クリームなどを使いすぎると、毛穴に潜んで肌を守ってくれている「常在菌」のバランスが崩れてしまうことがあります。表皮ブドウ球菌やアクネ菌、真菌などの常在菌のバランスが崩れると、赤みやニキビのようなブツブツを生じる皮膚炎、口囲皮膚炎などを起こしやすくなるのです。

皮脂は気にはなりますが、「天然のクリーム」です。

後おススメはやっぱりリンパケア」身体の中の水分の流れを良くすると、自然とお肌の張りやキメも蘇ります。小顔にもなれますよ。

 

★ マナから皆さまへ ★

お問合せ、ありがとうございます。お問い合わせをお受けした際には、3時間以内に返信させていただいています。届かない場合には迷惑メールに入っていたり、フィルターにかかっている場合がございます。

返信が届かない場合には、お手数ですが、0120-00-5346までご連絡お願い致します。

足が冷えて眠れない方が100%眠れるようになる簡単な方法とは

マナにお越しいただくお客さまの多くがお悩みの足先の冷え

どうしても足先が温まらないという方も少なくありません。

そこで、お勧めなのが「足湯」です。

今回は、自宅で簡単に行える足湯のやり方をご紹介します。

今は、足湯を行う専用のグッズも販売されていますが、洗面器やバケツがあれば足湯は簡単に行えます。

足は、心臓に最も遠い部位です。
ですから、冷えやすく温まりにくいうえに老廃物もたまりやすいです。

足に老廃物がたまる=体の体液の循環が悪い、とむくみが出やすくなります。

さらに、一度足が冷えると靴下をはいてもこたつに入ってもなかなか温まらない、という方も多いです

足湯をすることで足だけを重点的に温めてあげると冷え性が改善しやすいです。

足が温まれば全身も温かくなります。
ですから、肩こりや腰痛にも効果的。

足湯を行うためには、耐熱性のバケツや洗面器を用意します。

冷え性がひどい方ほど、深い容器がお勧めです。

また、お湯がこぼれてもよいように、容器の下にはタオルを敷きましょう。足湯は長時間行うのでいすと足を拭くためのバスタオルも用意してください。

足湯は、42度~45度くらいのお湯で行います。少し高すぎるように感じられますが、

足湯に使うお湯はお風呂のお湯よりも量が少ないので、冷めやすいのです。

ですから、少々高めくらいがちょうどいいです。

お湯を沸かして水で薄めてもよいですし、お風呂のお湯を流用してもいいですね。

足を15分~20分ほどつける
用意ができたらいすに座って足をつけます。

最初は熱く感じるかもしれませんが、すぐに慣れるでしょう。

そのまま15分~20分ほど足をつけておきます。冷えてきたら足し湯をして構いません。

ただし、ヤケドには十分注意してください。時間になったら足を出して1度休憩します。

その後、足が冷えたらもう一度お湯につけてください。それを3回くりかえせば、足だけでなく体も温まるでしょう。

おおよそ1時間ほどかかりますので、時間があるときに行ってください。

足湯はいつ行ってもよいのですが、足が冷たくてよく眠れないという方は、眠る前に行うと効果的です。

1時間近く足湯をすると汗をかく場合もあるので、着替えを用意しておくとよいでしょう。

また、仕事が終わった後に足がむくんだり疲れたりしたときに行っても効果的。

冷えは美容の大敵。足をケアして美しくなりましょう❗️

辛い腰痛がある方は日々の動作を振り返ってみてください。

年齢に関係なく、油断は禁物な腰痛。実は、腰痛は「日本人の自覚症状のある体調不良」のトップになっています。

このうち、病院での治療が必要な腰痛は2割以下で、残りの約8割は原因不明。この原因不明の腰痛、生活習慣の改善やセルフケアで予防と改善ができると言われています。

何か荷物を持つ時には、中腰は避け腰を落として下から持ち上げましょう。

避けたい体勢は中腰、気を付けるのは身体をひねる姿勢座り姿勢です。

身体をひねる姿勢はとても身体に負担をかけます。何か背面の物を取る時には身体全体を回転させて取りましょう。

座っている時に腰が痛くなる人は、椅子や座り方をチェック!

《 腰へ負担をかけない座り方のポイント 》

  • 両足の裏全体を床につける。
  • 椅子に深く腰かけて、背中が背もたれにやや触れるように座る。
  • 肘かけに腕をのせる。

座り方がおススメです。

片足に体重をかけて立つ・靴下を立ったままはく・椅子に足を組んで座る・うつぶせで本を読む・柔らかい寝具で寝る

どれも腰には負担がかかる動作です。日々の生活の中で気をつけたいですね。

そして、どんな不調にも関係するのがストレスです。身体をいじめ過ぎない軽い運動をしたり、カラオケに行く、好きなことをする、ゆったり湯船に浸かるなど

少しでもストレスを軽減するようにしましょう。

腰痛が良く起こるヘルニアや脊椎管狭窄症、年齢を重ねると特にですが、手術は体にメスを入れることになります。体への負担も多くなります。

案外【 身体全体の筋肉を緩める 】ことで、痛みから解放された軽い腰になられる方が多いです。