手を触れると「バチッ」静電気、嫌ですよね

冬に色々なものに触れると、私は良く体感するのですが「バチッ」と静電気、ドキッとして不快ですよね。

この世に存在する物体は、マイナスとプラスの電気を持っています。人間は勿論、ドアノブや車のドア、洋服も。

マイナスとプラスがバランスを保って安定していると、電気の動きはありません。でも、摩擦や力が加わると、動きやすい性質をもっている「マイナス電気」が物体から移動してしまいます。そのことで、「マイナス電気」と「プラス電気」のバランスが偏り、どちらかが多くなります。

この状態を「帯電」といい、余った「プラス電気」は「マイナス電気」と結合しようとします。
その結合する瞬間に電流が流れ、静電気と呼ばれる「放電」が行われるのです。

人間は、摩擦や衣類の擦れなどによって「プラス電気」を帯電していることが多いんです。その時に金属等と触れることで、金属の「マイナス電気」と一気に結合し電流が流れるんですね。

これが「バチッ」という感触。

なぜ、冬に「静電気」は発生しやすいのでしょう?

人間が電気を帯電していても、湿度が高い時は空気中に水分が多いので、空気中の水分を通してすばやく電気は逃げてしまします。夏でも静電気は起きているのですが、湿度が高いと、物体に溜まる電気が少なく「バチッ! 」とまで行かないんです。

一方、湿度が低い時は空気中に水分が少なく、電気を流す逃げ道が少ないんです。そのため、人間や物体に電気がたまりやすく、金属に触れた際などに一気に電流が流れ、「バチッ! 」と放電されるというわけです。

なので、湿度が低い冬に静電気が発生しやすいのです。

対策として・・・

車のドアやドアノブに触れる前に壁に触れて放電したり、鍵などの金属の物をさわってから車のドアに触れるのも有効です。

肌や髪の感想も静電気の放電につながります。ハンドクリームや髪のトリートメントを用いて保湿しておくとよいです。

服の素材も重要です。重ね着が多くなる冬、衣類同士の摩擦で静電気が生じます。市販の静電気予防スプレーなども上手に活用して

冬の「バチッ!」を防ぎたいですね。