あなたの痛みは急性・それとも慢性?

急に痛くなり、短期間でおさまる痛みは「急性の痛み」.

1~3ヵ月以上と長く続く痛みは「慢性の痛み」といわれます。

その原因となるケガや病気が治れば「急性の痛み」は消えていくものですが、痛みが生じたときに適切な治療しないで、そのまま放っておくと、痛みが別の痛みを引き起こし、「慢性の痛み」に変わってしまうこともあります。

「痛み」は、交感神経の緊張と運動神経を興奮させ、血管の収縮や筋肉の緊張を起こします。その結果、体中の体液のが悪くなり、さらなる「痛みを起こす物質」の発生につながります。

通常、痛みが生じても、交感神経の反応はすぐにおさまり、体中の液体の循環が改善されて、痛みが鎮まります。しかし、痛みが長引くと、循環が悪い状態が続いて「痛みを起こす物質」が多く発生するようになります。

この「痛みを起こす物質」は血管をも収縮させるため、さらに循環を悪化させ、また「痛みを起こす物質」が発生する、という“痛みの悪循環”を引き起こしていきます。

また、痛みが慢性化すると、痛みを引き起こした原因がなくなっても、痛みを取り去ることがなかなかできなくなり、痛みを取るのに時間を要するようになります。

さらに、痛みが続くことで痛みにばかり注意が向きがちになり、眠れなくなったり、不安や恐怖からうつ状態につながり、ますます痛みにとらわれて症状が重くなるという悪循環に陥ることもあります。

痛みは慢性化する前に、適切な治療を行って早期に原因を取り除くことが大切です。無理な我慢は禁物です。痛みの悪循環を断つため、早目にケアをし、原因を発見し、改善することをオススメします。

痛みが長く続いたり、様々なストレスにさらされていると、本来、私たちが脳の中に持っている「痛みを抑える神経」の力が弱くなり、痛みを普通より強く感じたり、痛みが慢性化してしまいます。

「痛み」がスッキリしない方、1度ご相談下さい。