腰痛の時には温湿布?それとも冷湿布?お風呂に入っていいの?

腰が痛い時湿布を貼りたくなりませんか?

湿布には温湿布冷湿布があります。炎症がある時・・・痛めた直後やスポーツ、仕事などで腰を酷使した場合は冷やした方がいいです。

冷湿布」はメントールなどの冷感成分が入っており、カプサイシンのような患部の温度を上げる作用がありません。また、その他に炎症を抑える成分が配合されているので、怪我をした直後など、炎症がある時に貼るのは冷湿布が適しています。

その他は温めた方がいいと思っていていいです。「温湿布」は主にトウガラシの成分であるカプサイシンが含まれています。カプサイシンは血行を促進し、患部の温度を上げる作用があります。もちろん筋肉も緩みますね。患部がが冷えている時にも効果的です。

お風呂に入ることによる効能は何といっても循環改善です。

イラクゼーション効果と筋肉の緊張の緩和といった効果があります。なので、腰が痛い時にはゆっくり湯船に浸かることをおススメします。

炎症が起こっているときや、自律神経系の異常がある時は稀に、お風呂に入ることによってかえって辛くなってしまうことがあります。

このような場合には冷やしてあげることで楽になるかもしれません。